シアターとリビングの融合 ----- 2008/02/14

【妥協点をクロスオーバーさせる】
リビングにシアターを作ると多くの場合、相反する環境の妥協を余儀なくされます。
リビングとシアターを快適に使い分ける為の工夫をしてみましょう。

☆.LDKリフォーム間取り図
LDKリフォーム間取り図 【壁】
リビングは明るく、シアターは暗く

【照明】
リビングは明るく、シアターは部分照明が必要

【ソファー】
リビングはゆったりと、シアターは疲れない事が重要

【窓】
リビングは大きく明るい窓、シアターは不要

【カーテン】
リビングではモダンに、シアターでは遮光性が重要

【スピーカ】
リビングでは不要、シアターではポジションが重要

【スクリーン】
リビングでは不要、シアターでは必需品

【AV機器】
リビングでは不要、シアターでは操作性が重要



☆.120インチ電動スクリーン(合成画像)
DVD画面全体 視聴位置からスクリーンを見たイメージです。
遮光カーテンを引いて、外乱と迷光を抑制しています。

適度なタイト感と外乱光が無い非現実性が「特別な時間」を演出します。

☆.ブラックライトで演出
ブラックライトで演出 電動スクリーンを上げると、42インチの液晶テレビが設置されている。
当初、壁掛けの予定だったが、諸所の事情でスタンド使用となった。

悩みに悩んだ天井の色柄も、いい感じの重厚感を醸し出している。
ブラックライトによる遊び心もお気に入りの一つだ。

☆.プロジェクターと天井
プロジェクターと天井 プロジェクターは天袋に入れた。
リビングの使い勝手を考えた場合、理想的な設置場所と言える。

天井の真ん中には、シアターには必要の無い大きな照明が設置されている。
リビングとして使う場合を想定すると、致し方ない。

☆.真っ赤なソファー
真っ赤なソファー リクライニング可能なソファーを選択しました。
ヘッドレスト部の角度を変えられる為、背もたれを倒しても楽に視線をスクリーンに向けられます。

やや派手ですが、シアター用と割り切れば、なかなか使い勝手がいいです。
遮光カーテンはカーテンボックス内でレールをオーバーラップさせて、光漏れを防いでいます。

☆.多目的サンルーム
多目的サンルーム リビング横には、壁から天井まで板張りにした多目的スペースを作りました。
基本的にはサンルーム(東南方向)ですが、堀ゴタツで和めるようにしました。

「おこた」で寝転がっての映画視聴も可能です。
冬の寒い朝は、ここで朝食をとる事も・・・
カラオケもここで歌います♪
冬は洗濯物干し場にも活用! とにかく、多目的です。

☆.ダイニング・キッチン
ダイニング・キッチン リビングから見たダイニングとキッチンです。
開放感を出しつつ、キッチンの小物が見えないように、壁を工夫しています。

システムキッチンやブラインドは明るいオレンジ色で統一してみました。
使い勝手、雰囲気ともに良好です。


【偏見的評価】
今回はリフォームの為に、多くの制限事項の中での施行となりました。
でも、妥協したく無かったので、間取りから素材選び、機器選択まで全て自分でやりました。

その結果、ほぼ理想に近いリフォームを行うことができました。 無理な注文に対応してくださった業者の方に感謝です。



Copyright (c) 2004 by PC Office SHOJI. All rights reserved.