HTPC(ホームシアター・パーソナルコンピュータ)を試す! ----- 2004/02/23

【とりあえず、スルー出力の実力を試す】
TW-200にはデジタル(DVI-D)が有りませんので、HTPCなんて無縁だろう・・・と思っていたのですが。。。
「アナログRGBでも結構いける!」と言う声を聞いてしまっては、無視する訳にもいきません。
丁度、息子用に不足パーツをかき集めていましたので、急遽HTPCがアナログRGBで使えるものなのかを、検証して見る事にしました。

映像ソース:HTPC (1280 X 720)/ アナログRGB出力
撮影:E-20 (OLYMPUS) ASA=80 絞り=2.0 シャッタースピード=1/10〜1/25


☆.HTPCスペック
PC内部 Pentium4 1.6GHz / GAV MX440 / アナログRGB出力
OS:Windows XP / Player:Power DVD XP
マザーボード:Asustek P4B266
チップセット:Intel 845
ケース:電源込みで\3800-。。。怪しい(^^;

余り物のパーツで組み立てました。キーボードは\780-で買いました。(新品ですよ)
OSだけはWin98では古いので、XPのOEM版を購入しました。
まずは、動けば良い・・・と言う事で。



何気なく写っている、「おうちで映画缶」♪

☆.ユーティリティーソフト
アプリ 今回の目的には全然関係が無いのですが・・・
TW-200には設定ユーティリティーソフトが付いています。
本体とPCは、USBかシリアル(RS-232C)で接続します。

HTPC自体にインストールしても意味が無いのですが、参考に起動してみました。
本来は、NotePCで接続し、設定値をセーブして於きます。
設定項目自体は本体と変わりませんが、セーブ・ロードが出来る為に、色々と試してみるには便利なツールと言えます。

ファイル自体は大きな物では有りませんので、タイトル毎のお勧めセッティング等がデータベース化されれば、さらに面白い使い方が出来そうです。
EPSONさんがやってくれれば、一番ありがたいのですが。。。

1.16:9が妙に新鮮で・・・
マウスオーバーでスルー表示 デフォルト:1280 X 1024ピクセル
オンマウス:1280 X 720ピクセル

Windows XP のディスクトップでアスペクト比を比較してみます。
一般的には4:3のアスペクトで使っているPC画面ですが、16:9の横長に設定しますと、新鮮味が有ります。
OA業務等では使いにくいアスペクトですが、やはり映画を見る場合は、これに限ります♪
1280X720と言う、今までには無かった解像度ですので、中古のビデオカードにはドライバーが入っておりませんでした。四苦八苦したあげく、(OS)XPに入っている事が判明・・・灯台もと暗しでした。
(注:この画像は表示画素に合わせて縮小しましたので、アスペクトはオリジナルを保っておりません。)

2.ディスクトップのアイコン
マウスオーバーでスルー表示 デフォルト:1280 X 960ピクセル
オンマウス:1280 X 720ピクセル

ディスクトップアイコンを比較して見ました。
解像度を変更し、プロジェクターを[スルー表示]にした途端、目の前のモヤモヤが無くなりました。
画面が明るくなり、アイコンも鮮明に表示されました。
ちょっと見では、1280X960の画面のフォーカスが合ってない様に感じられるぐらい、その差は歴然です。
(フォーカスは全く同じ状態で投射・撮影しています。)

3.スルー表示は・・・綺麗!
マウスオーバーでスルー表示 デフォルト:1280 X 960ピクセル
オンマウス:1280 X 720ピクセル

液晶の格子が分かる程度までズームしてみました。
アイコンのディテールはもちろんの事、文字の視認性は天と地の差が有ります。
やはりスケーリングを行うと、「ここまで劣化するのか・・・」と言う事が実感出来る検証結果でした。
パソコンの液晶モニターでは、たま〜にこんな使い方もしますが、元々画素ピッチが細かいので、若干ソフトフォーカスに成る程度ですが、80インチ以上に拡大されたプロジェクターでは、耐えられません。


【偏見的評論】
有る程度の予想はしていましたが、ここまで鮮明に成るとは・・・・
普段、業務でEMP-730(1024X768 データプロジェクター)を使用していますので、スルー表示された画面のクッキリ感には成れているつもりで居ましたが、いざTW-200でスルー表示されたディスクトップを見ると、改めて感激します。
明るさ的には、データプロジェクターに劣りますが、発色は雲臀の差が有ります。また、格子も目立ちにくく滑らかな質感も堪能出来ます。

アップスキャンしたDVDの評価は別ページでやるとして、Windowsアプリケーションの実行や、ブロードバンドのコンテンツでも高品位な画質が得られます。
アナログRGBでは・・・と、半信半疑でテストを始めたのですが、これはちょっとまずい事に成りました。
また物欲の種が出来てしまった訳ですから・・・(^^;



Copyright (c) 2004 by PC Office SHOJI. All rights reserved.