追加メニュー・EMP-TW200/EPSON ----- 2004/02/14

【縦線調整メニューが追加】
色ムラの発生が有る・・・と言う事で、メーカ(EPSON)が取った対応は、全品代替であった。
消費者(購入者)に対するお詫びなのか、EPSONの意地なのかは判らないが、スペックアップして戻ってきた。

その一つが、この「縦線調整メニュー」の追加である。
幸か不幸か、対策前のTW-200では、この機能を必要とする場面に遭遇しなかったが、新たな項目なので参考にアップしました。

1.液晶パネル調整メニュー
拡大画像 [MENU]ボタンを押し、[設定]を選択すると、目新しい項目が増えていた。
今まで気づかなかった訳では無いだろうから、今回ファームウェアーがVerアップされた様だ。

2.縦線調整メニュー
拡大画像 [液晶パネル調整]を選択すると、RGB各色毎の[縦線調整]項目が現れる。
調整の必要性を感じて無いのでまだいじって無いが、RGBに分かれていると言う事は、液晶パネルの個体差や経年変化を補正する事が予想される。
確かに、3枚の液晶パネルを使用している訳ですから、熱によるバラツキが発生し、グレーの諧調でRGBのバランスが崩れる事が無いとは言い難い。
(この写真のグレーバックにはモアレが発生していますが、これはJPEG画像を縮小した祭に発生したもので、実際の投射では出ておりません。)

3.レッド
拡大画像 赤(R)の調整画面です。
明るい色と暗い色を独立して調整する事が出来ます。


4.グリーン
拡大画像 緑(G)の調整画面です。
明るい色と暗い色を独立して調整する事が出来ます。

5.ブルー
拡大画像 青(B)の調整画面です。
明るい色と暗い色を独立して調整する事が出来ます。

【偏見的評論】
まだ使って無い訳ですから、評価も何も有りませんが。。。
少なくともこの調整機能は元々存在していた・・・と考えられます。但し、工場出荷時に調整される為にです。
それがユーザーに開放された訳は何故でしょう!?
マイナスに考えれば、液晶周りの温度による変形等を押さえ込む事が困難で有った為に、工場出荷時の調整項目をユーザ調整項目に変えた・・・と言う、発想。
プラス思考で考えれば、常にベストの状態で使える様に配慮した・・・とも言えるでしょう。
どちらにせよ、結果的に良く成るのであれば、喜ばしい事で有る訳ですから、素直に喜んでおきましょう〜^^;

この機能を使う必要が無い事が一番である事には間違い無いのですが・・・。
この機能が必要になった場合は、調整の詳細レポートを出したいと思います。




Copyright (c) 2004 by PC Office SHOJI. All rights reserved.