プロジェクターは明るい部屋でも使えるのか!? ----- 2004/10/11

【明るさは、映像にどの様に影響するか!?】
プロジェクターは大画面だけど、明るい部屋では見れない!?
・・・この様な質問を、多く頂きます。 振り返って見れば、購入するまでは私自身も同じような疑問を持っていました。
メーカーや型式に関係なく、明るさが映像に及ぼす影響を検証してみたいと思います。

プロジェクターはTW-200(EPSON)を使い、ナチュラルモードを選択しました。(5段階の丁度真ん中の明るさです)

映像ソース:DVDビデオ470P (S-540 YAMAHA)/(コンポーネンツ接続)
撮影:E-20 (OLYMPUS) デジタル一眼レフ/ASA=160 絞り=2.0 シャッタースピード=Auto



<夜間/色合い・コントラストの変化>

1.スポットライト(新聞が読める程度) 完全遮光(基準画像)
比較画像 基準画像
ほぼ問題無いレベルですが、髪の毛は茶色に成っています。


2.ダウンライト50%(新聞が読める程度) 完全遮光(基準画像)
比較画像 基準画像
コントラストが下がり、背景にも色が着き始めましたが、まだ視聴には耐えられます。


3.ダウンライト100%(十分明るい環境) 完全遮光(基準画像)
比較画像 基準画像
何が映っているかは分かりますが、既に色の再現性は有りません。 視聴には耐えられないレベルです。


4.蛍光灯照明(非常に明るい環境) 完全遮光(基準画像)
比較画像 基準画像
コントラストが取れず、何が映っているのかの判別も難しい状態です。 お話になりません。(^^;


<日中/色合い・コントラストの変化>

5.遮光カーテン(日中曇り) 完全遮光(基準画像)
比較画像 基準画像
曇り空も相まってか、ほぼ問題の無いレベルで楽しめます。 晴天時は若干「黒浮き」が多くなります。


6.薄手のカーテン(日中曇り) 完全遮光(基準画像)
比較画像 基準画像
やはり薄手のカーテンでは、無理があるようです。 ダイナミックモードならなんとか・・・と言う感じですね。


7.レースカーテン(日中曇り) 完全遮光(基準画像)
比較画像 基準画像
話になりません。 そもそも、レースカーテンに遮光性を求める事自体が間違いでした。(^^;


8.カーテン全開(日中曇り) ※.プロジェクターモード→ダイナミック
比較画像 ダイナミックモード
カーテン全開で、ダイナミックモードならどの程度かを検証しましたが・・・やはり太陽は強かった!



【偏見的評論】
太陽光の強さを、改めて思い知らされました。。。
もうちょっと行けるかな・・・と思っていましたが、考えが甘かったようです。

そもそも200W程度のランプですから、照明下や太陽光の漏れる環境での視聴は諦めた方が良いようです。
以外とネックに成るのが、夜の照明下での画像です。 私の部屋では、調光機を付けていますので問題有りませんが、蛍光灯しか無い部屋では、テーブルスポット等の調光機内蔵タイプを用意する事をお勧めします。 画質的にも、また雰囲気もアップして一石二鳥です♪
逆に言えば、照明を落とし、雰囲気を盛り上げて見る映画は、特別な物に感じます。 また、外乱(周りの景色)が無い分だけ集中でき、映画館の雰囲気です。

プロジェクターの映像は、色々な要素に左右されます。 特に大きな影響が有るのが外乱光です。 ほんの少しの性能差をプロジェクター本体に答よりは、遮光や迷光対策に労を費やす方が、遙かに綺麗な絵を見る為には大切である事が解ります。
やはり、究極は壁や天井も「つや消し黒」にする事なんでしょうね。。。「うちは無理だけど・・・^^;」



Copyright (c) 2004 by PC Office SHOJI. All rights reserved.